インテグレーション

ここでは、サポート対象のインテグレーションに関して、Contrastを使用する推奨方法を記載したドキュメントを提供します。サポート対象外のその他のツールやシナリオでも、Contrastと互換性がある場合があります。サードパーティのツールやテクノロジの具体的な情報については、その製品のドキュメントを参照してください。また、outline_open_in_new_black_24dp.png Contrastサポートポータルに特定の使用例や問題に対する回避策などの記事もありますので、そちらもご覧ください。

注記

サポート対象のコンテンツについては全て、Contrastドキュメントへのリンクがあります。完全にはサポート対象ではありませんが、その他にも、完全にはサポート対象ではありませんが、互換性のあるインテグレーションについても記載しています。Contrastサポートポータルやサードパーティサイトのドキュメントへのリンクは、outline_open_in_new_black_24dp.pngアイコンが付いています。

お使いのPaasでアプリケーションをデプロイしたまま、Contrastを有効にしてアプリケーションを実行できます。

アプリケーションで新たな脆弱性が発生したり、アプリケーションに対して攻撃が行われている場合に、Contrastはリアルタイムでこれらのセキュリティの問題を検知して、いち早くお知らせします。

ContrastのSDKやWebhookを使用してカスタムサービスを作成したり、Webhookを使って新たな脆弱性や攻撃の検出時に通知を送信します。

ご利用中の開発環境で、アプリケーションの脆弱性の詳細情報を表示し、対応策について知ることができます。

アプリケーションへの攻撃に対して、オンコール担当者が必要な対応を取ることができるようになります。

Contrastエージェントによるアクティビティから、アプリケーションセキュリティの脅威に関して運用面での新たな知見をSIEMで直接得ることができます。

Contrastと互換性のある脆弱性管理プラットフォームです。