環境変数

環境変数を使用して、サポート対象のプロパティをエージェントに設定することができます。

環境変数は、エージェントの起動前に指定し、エージェントがアクセスできる場所に設定する必要があります。環境変数は、同じプロセス内でもシステム全体でも設定できます。

重要

システム全体の環境変数を設定する場合、同じサーバで実行中の他のContrastエージェントに影響を与える可能性があります。

Contrastのプロパティは、コマンドライン、YAML設定、環境変数に変換できます。

コマンドライン形式の変数を環境変数に変換するには、パスセグメントの区切り記号(.)をアンダースコア2つ(__)に置き換えます。

YAML形式の変数を環境変数に変換するには、最上位のプロパティから始めて、ネストされたすべてのプロパティをアンダースコア2つ(__)で区切ります。

そして、「contrast」というネームスペース( contrast.CONTRAST__)を先頭に付けます。

環境変数はすべて大文字で、スペースを入れないでください。

例:

コマンドライン

YAMLプロパティ

環境変数

contrast.server.name

server:
    name: 

CONTRAST__SERVER__NAME

contrast.api.api_key

api:
    api_key:

CONTRAST__API__API_KEY

各エージェントでサポートされているすべてのプロパティの一覧は、それぞれのYAMLテンプレートで確認できます。