Rubyエージェントの設定

全てのエージェントには基本の設定があり、設定値には優先順位があります。 YAML設定ファイルを使用して、エージェントを設定します。

ヒント

Contrastエージェント設定エディタを使用すると、 YAML設定ファイルの作成やアップロード、YAMLの検証、推奨される設定値の表示などができます。

Rubyエージェントは起動時に実行ファイルを起動しますが、この実行ファイルも設定ファイルへのアクセスを必要とします。サービスは通常、Rubyエージェントのプロセスによって起動されるため、サービスにはエージェントと同じ設定ファイルへのアクセスがあります。ただし、サービスが単独で起動された場合には、サービスは設定ファイルに同じ優先順位を使用するよう試みます。

つまり、(通常の場合のように)サービスの作業ディレクトリがアプリケーションのベースディレクトリでもある場合、サービスはアプリケーションの設定ファイルを共有します。エージェントとサービスの両方が、 ./config/contrast_security.yamlパスを使用します。

ご利用の環境に合わせて、次の各ガイドラインに従ってください。

関連項目

RubyエージェントのYAMLテンプレート

YAML設定ファイルを使用してRubyエージェントを設定する場合には、以下のテンプレートをご利用ください(YAML設定については、YAML設定の説明を参照してください)。

YAML設定ファイルは、デフォルトの場所に配置します:/etc/contrast/contrast_security.yaml

https://docs.contrastsecurity.com/common-agent-config/ruby_contrast_security.yaml
https://docs.contrastsecurity.jp/common-agent-config/ruby_contrast_security.yaml