Goエージェントの設定

全てのエージェントには基本の設定があります。設定値には優先順位があり、そこでは他に有効な設定ファイルの場所など、エージェントを設定する他の方法についても説明しております。

Goエージェントを設定する方法は、いくつかあります。

  • YAML設定ファイル(詳細はこちら):アプリケーションを実行するにはYAML設定ファイルが必要です。Goエージェントの実行には必要ありません。独自にYAML設定ファイルを作成するか、Goエージェント用に有効な全てのプロパティがあるテンプレートを利用することもできます。

    アプリケーションを実行するディレクトリ(".")に設定ファイルを置きます。エージェントキーを確認して、設定ファイルにエージェントキーの値を指定します。

    api:
      url:
      api_key:
      service_key:
      user_name:
    
  • 環境変数:ビルドを設定するために使用できます。

  • コマンドラインの引数を使用して、エージェントのプロパティを指定することもできます。

ヒント

Contrastエージェント設定エディタを使用すると、 YAML設定ファイルの作成やアップロード、YAMLの検証、推奨される設定値の表示などができます。

GoエージェントのYAMLテンプレート

YAML設定ファイルを使用してGoエージェントを設定する場合には、以下のテンプレートをご利用ください(YAML設定については、こちらの説明を参照してください)。

https://docs.contrastsecurity.com/common-agent-config/go_contrast_security.yaml
https://docs.contrastsecurity.jp/common-agent-config/go_contrast_security.yaml