Javaエージェントの設定

すべてのContrastエージェントの標準インストールで、この優先順位が使用されます。

以下を使用してJavaエージェントの設定を行います。

システムで以下を使用している場合は、Contrastエージェントと効率的に連携させるために、アプリケーションのJava環境の設定が必要な場合もあります。

  • スタンドアロンアプリケーション: JVMサーバが単一のアプリケーションをホストする場合は、agent.java.standalone_app_nameを使用してアプリケーション名を指定する必要があります。ルートカバレッジやビルドベースのビューなどの特定の機能では、これが必要です。

  • マルチテナントアプリケーションの設定:JVM Webサーバが複数のアプリケーションをホストする場合は、アプリケーションをそれぞれ区別して、個々の設定オプションを適用できます。

    重要

    単一のアプリケーション名を使用するようエージェントを設定しても、アプリケーションサーバのコードをアプリケーションの一部としては扱いたくない場合もあります。この場合には、代わりにapplication.nameを使用します。application.nameでは、agent.java.standalone_app_nameの場合と異なり、ルートカバレッジやビルドベースのビューなどの特定の機能は使用できません。

  • TLS証明書

  • Java 9モジュール

  • Java 2セキュリティ

  • インテグレーション:Contrast Javaエージェントは、プラグインやサードパーティ製ツールを使用したり、外部のシステムと連携することができます。他の製品の動作については、その製品のマニュアルを参照してください。

Javaシステムプロパティ

<YourContrastJarPath>Contrast JARファイルへのパスに置き換えて以下のコマンドを実行すると、システムプロパティの詳細情報を確認できます。

  • 以下のコマンドにより、ContrastエージェントのJARを使用して、一般的なプロパティの一覧を表示することができます。

     java -jar <YourContrastJarPath> properties
  • コマンドの検索には、ツール名を指定してコマンドラインを使用します。例えば、以下のコマンドでプロキシ関連のプロパティの一覧が表示されます。

    filterオプションを使用する場合: 

    java -jar <YourContrastJarPath> properties --filter=proxy

Java YAML設定ファイルのテンプレート

以下のテンプレートを使用して、YAML設定ファイルでJavaエージェントの設定を指定します。

https://docs.contrastsecurity.com/common-agent-config/java_contrast_security.yaml