Skip to main content

Azure App Serviceで.NET Frameworkエージェントをインストール

注記

拡張機能を利用できない場合は、NuGetを使用して.NET Frameworkエージェントを手動でインストールできます。

手順

Azure Portalの拡張機能を使用して.NET Frameworkエージェントをインストールするには:

  1. Azure App Serviceでホストするアプリケーションを作成します。

    これを行うには、Azureアカウントを持っており、ASP.NET FrameworkのWebアプリケーションを作成する必要があります。アプリケーションをAzureに公開し、Contrastエージェントなしで想定通りに機能することを確認します。

  2. アプリケーションのメニューより構成を選択し、 アプリケーション設定の画面で以下の値を追加し、エージェントがContrastサーバに接続するための設定をします。

    キー

    CONTRAST__API__USER_NAME

    自分のエージェントユーザ名を指定します。

    CONTRAST__API__SERVICE_KEY

    自分のエージェントサービスキーを指定します。

    CONTRAST__API__API_KEY

    自分のAPIキーを指定します。

    CONTRAST__API__URL

    デフォルトは、https://app.contrastsecurity.comです。別の場所でホストされているContrastサーバを使用する場合は、そのURLを指定します。

  3. App Serviceにデプロイ中のアプリケーションを選択します。

  4. メニュー画面より、拡張機能を選択します。

  5. +追加を選択します。

  6. 拡張機能の選択をクリックし、一覧よりContrast .NET Site Extensionを選択します。 これが、.NET Frameworkアプリケーション用の拡張機能になります。

  7. 法律条項に同意して、OKボタンをクリックします。

  8. 拡張機能のインストールが完了するまでしばらく待ったら、正しくインストールされていることを確認します。

  9. アプリケーションの概要に戻り、アプリケーションを再起動します。

  10. アプリケーションを疎通し、検査結果がContrastに報告されることを確認します。

ヒント

アプリケーションのSCMサイト(Kudu)の「Site Extensions」メニューからもContrastエージェントをインストールできます。

重要

Contrastエージェントの新しいバージョンが利用可能な場合、 Azure PortalまたはKuduのダッシュボードに通知されます。エージェントの更新を行う前にサイトを停止してください。停止しない場合、更新が失敗する可能性があります。

注記

サイトの拡張機能により、以下のような環境変数がいくつか設定されます。

COR_ENABLE_PROFILING=1
COR_PROFILER={EFEB8EE0-6D39-4347-A5FE-4D0C88BC5BC1}
COR_PROFILER_PATH_32=D:\home\siteextensions\Contrast.Net.Azure.SiteExtension\ContrastAppService\ContrastProfiler-32.dll
COR_PROFILER_PATH_64=D:\home\siteextensions\Contrast.Net.Azure.SiteExtension\ContrastAppService\ContrastProfiler-64.dll
CONTRAST_INSTALL_DIRECTORY=D:\home\siteextensions\Contrast.Net.Azure.SiteExtension\ContrastAppService\
MicrosoftInstrumentationEngine_ConfigPath32_ContrastX86Config=D:\home\siteextensions\Contrast.Net.Azure.SiteExtension\ContrastCieProfiler-32.config
MicrosoftInstrumentationEngine_ConfigPath64_ContrastX64Config=D:\home\siteextensions\Contrast.Net.Azure.SiteExtension\ContrastCieProfiler-64.config

CLR Instrumentation Engine(CIE)がアプリケーションに設定されている場合(例えば、Application Insightsが有効になっているために)、Azureは自動的にCOR_PROFILER*変数を上書きし、CIEのプロファイラを指すようにします。

そして、CIEでは、MicrosoftInstrumentationEngine_*変数を使用してContrastエージェントをロードするようになります。

CIEがアプリケーションに設定されていない場合は、Contrastエージェントのロードに標準のCOR_PROFILER*変数が使用されます。