.NET Frameworkエージェント

Contrast .NET Frameworkエージェントは、ユーザが.NET Webアプリケーションを操作する時のアプリケーションの動きを解析します。

.NET Frameworkエージェントをインストールすると、IISにデプロイされたASP.NETアプリケーションにエージェントが自動的に組み込まれます。エージェントによる解析は、ユーザによって(または自動化されたスクリプトやテストによって)アプリケーションが操作される時に実行されます。

エージェントの解析結果は、Contrast UI(Webインターフェイス)で確認できます。Contrast .NET Frameworkエージェントは、以下のように複数のコンポーネントで構成されています。

  • バックグラウンドのWindowsサービス: (DotnetAgentService.exe)このサービスは、エージェントを組み込むための環境を準備し、エージェントコンポーネント間の通信を管理します。主要となるサービスで、エージェントの動作を制御します。このバックグラウンドのWindowsサービスを停止することで、Contrastエージェントの組み込みと解析を無効にできます。

  • .NETプロファイラ:エージェントセンサーへのメソッドの呼び出しに組み込まれて、アプリケーションを計測します。

  • センサー: 複数のセンサーが、セキュリティ、アーキテクチャ、ライブラリに関する情報を収集します。

  • .NET Framework ContrastトレイWindowsシステムトレイアプリケーションで、エージェントの状態に関する情報を概要レベルで表示します。

次のステップ: