Skip to main content

.NET Frameworkエージェントのシステム要件

.NET Frameworkエージェントをインストールする前に、以下のシステム要件を満たす必要があります。

  • Webサーバへの管理者権限があり、そのサーバはContrastのサポート対象であること。

  • 検査対象のアプリケーションがデプロイされており、そのWebアプリケーションのテクノロジはContrastのサポート対象であること。

  • IISを再起動できること。

  • WebサーバがContrastとネットワークで接続されていること。

  • サーバが最低限の要件を満たしていること。

要件

推奨

備考

サーバのランタイムバージョン

4.7.1以降

.NET Frameworkエージェントのインストールには、.NET 4.7.1以降を必要としますが、.NET Frameworkアプリケーション自体の互換性により、.NET 4.5以降をターゲットとするアプリケーションを解析できます。

オペレーティング  システム

  • Windows 10

  • Windows Server 2012、2012 R2、2016、2019

  • Azure Virtual Machines、Cloud Services、Mobile Services

  • Azure App Service

プロセッサのアーキテクチャ

  • 32ビット

  • 64ビット

64ビットシステムでは、エージェントを使用して32ビットと64ビットの両方のWebアプリケーションを解析できます。

CPU

4個以上

最低:2

メモリ

8 GB以上

.NETエージェントを使用する場合、検査対象のアプリケーションのメモリ要件がおよそ2倍になります。.NETエージェントがインストールされていない場合に、アプリケーションが使用するメモリは全メモリ容量の半分以下である必要があります。

最低:4 GB

サーバ

  • .NET Framework 4.7.1

  • CLR 4 (.NET 4.0以降)

以前のバージョンのサーバには、旧.NET Frameworkエージェントを使用してください。

注記

  • .NET FrameworkエージェントではCLRプロファイルAPIを使用して、データとコードフローの解析(SQLインジェクション、XSS、脆弱な暗号化の検出など)や、検査対象のアプリケーションが使用するライブラリやテクノロジを検出します。

  • Contrastエージェントは、agent.dotnet.enable_chainingの設定を有効にすることで、パフォーマンスツールやAPMツールなどの他の.NETプロファイラエージェントと共存できます。

  • 以前のバージョンのサーバには、旧.NET Frameworkエージェントを使用してください。