.NET Coreのサポート対象テクノロジ

このエージェントでは、以下のテクノロジをサポートします。

テクノロジ

サポート対象バージョン

備考

アプリケーションフレームワーク

ASP.NET Core (3.0.x、3.1.x、5.0.x)

サポート対象外:

  • .NET CoreまたはASP.NET Coreバージョン2.1以前

  • .NET Framework (Windows)またはMono (Linux/Windows)上で動作するASP.NET Coreアプリケーション

ランタイム

  • .NET Coreランタイム:3.0.x、3.1.x、5.0.x

  • .NET Coreターゲットフレームワーク :

    netcoreapp3.0

    netcoreapp3.1

    net5.0

サポート対象外:

  • ランタイムよりも上位バージョンのASP.NET Coreアプリケーションでの実行(例、ASP.NET Core 5.0を参照する.NET Core 3.1ランタイムのアプリケーションなど)

  • 参照するASP.NET Coreのバージョンとコンパイル時に選択したターゲットのランタイムが一致しない.NET Coreアプリケーションでの実行

.NET Core for Windows

Windowsオペレーティングシステム

  • Windows Server (LTSC) (x86、x64):2008 R2、2012、2012 R2、2016、2019

  • Windows Server (SAC) (x64):1809、1903

  • Windowsワークステーション(x86、x64):7、8/8.1、10

64ビットシステムでは、エージェントを使用して32ビットと64ビットの両方のWebアプリケーションを分析できます。

サポート対象外:

  • ARM版Windows

サーバコンテナ

Kestrel、IISHttpServer

サポート対象外:

Http.sys (旧WebListener)

ホスティングコンテナ

セルフホスト、IIS、IIS Express

.NET Core for Linux

Linuxオペレーティングシステム

  • Ubuntu:16.04 以降

  • Debian:9 以降

  • openSUSE:15 以降

  • Alpine:3.7以降

  • CentOS:7 以降

  • Red Hat Enterprise Linux:7、8

すべてのシステムでx64アーキテクチャが必須です。

サポート対象外:Red Hat Enterprise Linux 6

サーバコンテナ

Kestrel

ホスティングコンテナ

セルフホスト

重要

NET Coreエージェントのバージョン1.5.20をもって、.NET Core 2.2のサポートを終了しました。.NET Core 2.2を使用している場合、アプリケーションの.NET Coreランタイムをアップグレードするまでは、.NET Coreエージェントのバージョン1.5.20以前のものを使用してください。

NET Coreエージェントのバージョン1.9.9をもって、.NET Core 2.1のサポートを終了しました。.NET Core 2.1を使用している場合、アプリケーションの.NET Coreランタイムをアップグレードするまでは、.NET Coreエージェントのバージョン1.9.9以前のものを使用してください。