NuGetで.NET Frameworkエージェントを手動インストール

状況により、.NET Frameworkエージェントは、NuGetを使用して手動でインストールすることができます。例えば、Azure App Serviceの拡張機能を利用できない場合や、.NET Frameworkエージェントを依存関係に含めたい場合などに便利です。

  1. Contrast NuGetパッケージをアプリケーションに追加します。

    Visual Studioで、ソリューションエクスプローラーのアプリケーションプロジェクトの下にあるReferencesを右クリックし、Manage NuGet Packagesを選択します。

    Contrast.Net.Azure.AppServiceパッケージを検索して選択し、プロジェクトに追加します。

    アプリケショーンをビルドします。Contrastアセンブリ(例えばContrastProfiler-64.dll)が、アプリケーションのルートディレクトリに作成された新しいcontrastsecurityフォルダにあることを確認します。

  2. Contrastサーバに対するアプリケーションの認証情報を追加します。

    認証情報の設定は、VisualStudioの「Azure App Serviceに公開する」のApp Service設定画面から追加するか、Azure App Serviceポータルから直接追加できます。

    エージェントがContrastに接続するために必要なContrast認証キーを設定し、保存を選択します。プロファイルでキーを見つけることができます。

  3. dotnetソースコードレポジトリからのビルドプロセスに従います。

  4. Azure Portalでアプリケーションのアプリケーション設定領域に移動します。エージェントがContrastに接続するために必要なContrast認証キーを設定し、保存を選択します。

  5. Visual Studioを使用して、Azureにアプリケーションを公開します。

    アプリケーションがロードされたら、アプリケーションを疎通し、Contrastを開いてサーバとアプリケーションがアクティブになっていること、および予想される脆弱性が表示されることを確認します。