WebLogicでJavaエージェントを設定する

最初に、次のいずれかのリポジトリから、Contrast Javaエージェント(JARファイル)をダウンロードします。

WebLogicでContrastを実行する方法に応じて、以下を参考にしてJavaエージェントを設定してください。

Unix

  1. WebLogicを自分で起動する場合は、インストール先のbinディレクトリにあるstartWebLogicファイルにContrastのJVMパラメータを追加してください。UNIXベースのオペレーティングシステムの場合、このファイルのパスは以下のようになります。

    /path/to/appserver/userprojects/domains/base_domain/bin/startWebLogic.sh
  2. このファイルで、Java実行ステップの前に、Contrastエンジンを-javaagentとしてJAVA_OPTIONS環境変数に追加します。<YourContrastJarPath>Contrast JARファイルへのパスに置き換えてください。例:

    export JAVA_OPTIONS="$JAVA_OPTIONS -javaagent:<YourContrastJarPath>"

Windows

  1. Windowsシステムの場合、パスは以下のようになります。

    C:\Oracle\Middleware\userprojects\domains\base_domain\bin\startWebLogic.bat
  2. このファイルの先頭で、Contrastエンジンを-javaagentとしてJAVA_OPTIONS環境変数に追加します。<YourContrastJarPath>Contrast JARファイルへのパスに置き換えます。お使いの環境に合わせたWebLogicサーバの情報に置き換えてください。例:

    set JAVA_OPTIONS="%JAVA_OPTIONS%" -javaagent:"<YourContrastJarPath>"

WebLogicでJava2を使用する

  1. 以下のコードを含むcontrast.policyファイルを作成します(もしくは、catalina.policyファイルにコードを追加します)。<YourContrastJarPath>Contrast JARファイルのパスに置き換えてください。例:

    grant codeBase "file:<YourContrastJarPath>" {
      permission java.security.AllPermission;
    };
  2. WebLogicには、@WL_HOME/server/lib/weblogic.policyというテンプレートファイルがあります。このファイルには、Javaセキュリティマネージャを有効にしてWebLogicサーバを起動するためのサンプル定義があります。旧バージョン(10以前)のWebLogicの場合は、テンプレートファイルの@WL_HOMEをWebLogicをインストールしたルートディレクトリへの実際のパスに置き換える必要があります。

  3. セキュリティマネージャを有効にすると、ポリシーファイルである@WL_HOME/server/lib/weblogic.policyがデフォルトとして機能します。もしくは、-Djava.security.policy==<YourPath>でカスタムのポリシーファイルを指定することもできます。その場合、<YourPath>はカスタムファイルへのパスになります。==は、WebLogicが起動する際のデフォルトのパス設定を上書きするため、重要です。

    ヒント

    詳細は、Javaセキュリティを使用してWebLogicのリソースを保護するを参照してください。