TomcatでJavaエージェントを設定する

最初に、次のいずれかのリポジトリから、Contrast Javaエージェント(JARファイル)をダウンロードします。

TomcatでContrastを実行する方法に応じて、以下を参考にしてJavaエージェントを設定してください。

setenv.batで実行

Tomcat推奨のsetenv.batまたはsetenv.shファイルがある場合、そのファイルのCATALINA_OPTS-javaagentの設定を追加します。

WindowsまたはUnixで実行

  1. 新規に起動スクリプトを作成します。<YourContrastJarPath>の箇所をContrast JARファイルへのパスに置き換え、Tomcatサーバのディレクトリパスをご利用の環境に合わせて置き換えます。

    • Windows: 例えば、以下のようにstartup-with-contrast.batを新規に作成します。

      set "CATALINA_OPTS=%CATALINA_OPTS% -javaagent:<YourContrastJarPath>"
      call <TomcatDirectory>\bin\startup.bat

      Unix: 例えば、以下のようにstartup-with-contrast.shを新規に作成します。

      export CATALINA_OPTS="$CATALINA_OPTS -javaagent:<YourContrastJarPath>"
      <TomcatDirectory>/bin/startup.sh
  2. これにより、ContrastのJVMパラメータが有効になり、起動スクリプトが呼び出されます。この新しいスクリプトによって、Contrastエージェントを組み込んでサーバが起動されます。

WindowsのTomcatサービスで実行

  1. Tomcatをサービスとして実行する場合は、Tomcatサービスマネージャを開き、JVMオプションを変更してエージェントを追加します。

  2. システムトレイのTomcatアイコンをダブルクリックします(または、右クリックしてConfigureを選択します)。(アイコンがない場合は、Tomcatのbinディレクトリにあるtomcat9w.exeを実行して手動で起動する必要があります。)

  3. Javaタブに切り替えて、-javaagentフラグを追加する箇所を確認します。

Java2セキュリティを使用してTomcatを実行

  1. 以下のコードを含むcontrast.policyファイルを作成します(もしくは、catalina.policyファイルにコードを追加します)。<YourContrastJarPath>は、Contrast JARファイルのパスに置き換えてください。例:

    grant codeBase "file:<YourContrastJarPath>" {
      permission java.security.AllPermission;
    };
  2. contrast.policyファイルを$CATALINA_HOME/conf/catalina.policyファイルに追加(append)します。追加の設定は必要ありません。コマンドラインで、-securityオプションを付けてTomcatを起動します。