JettyでJavaエージェントを設定する

JettyでJavaエージェントを設定するには:

  1. 次のいずれかのリポジトリから、Contrast Javaエージェント(JARファイル)をダウンロードします。

  2. <YourContrastJarPath>の箇所をContrast JARファイルへのパスに置き換えて、以下の行を<JettyDirectory>/start.iniファイルに追加します。

    -javaagent:<YourContrastJarPath>
  3. Java 2セキュリティマネージャを使用する場合は、以下のコードを含むcontrast.policyファイルを作成します(<YourContrastJarPath>Contrast JARファイルへのパスに置き換えます)。

    grant codeBase "file:<YourContrastJarPath>" {
      permission java.security.AllPermission;
    };

    次に、以下を設定します。

    • Jetty 7~8:そのファイルを$JETTY_HOME/lib/policyフォルダにコピーします。環境変数$JETTY_ARGSに--secureを追加します。

    • Jetty 9:作成したポリシーを、自分で設定したポリシーに追加します。<YourPolicy>の箇所を自分のポリシー名に置き換えると、一般的な環境変数の設定でセキュリティマネージャが有効になります。

      -Djava.security.manager -Djava.security.policy=<YourPolicy>

      重要

      Jetty 9以降では、セキュリティ管理ポリシーは正式にサポートされていません。

ヒント

Java2セキュリティマネージャでJettyを使用する方法についての詳細は、Jetty Policy(Jettyポリシー)を参照してください。