Protectを有効にする

ユーザに対してProtectを有効にすると、ユーザはProtectデータにアクセスして表示できるようになります。サーバに対してProtectを有効にすると、アプリケーションがProtectを使用して攻撃の監視やブロックができるようになります。

注記

既存のアプリケーションがあるサーバでProtectを有効にした場合は、Protectを有効にするためにアプリケーションを再起動する必要があります。

開始する前に
  • 組織の設定 > ユーザに移動し、 ProtectデータとProtectの設定にアクセスする権限があることを確認します。

    • SaaS版をご利用のお客様の場合、Contrast Securityが組織全体および組織内のユーザロールにProtect権限を付与します。

    • オンプレミス版をご利用のお客様の場合、組織にProtect権限を付与するには、SuperAdminか ServerAdmin、またはSystemAdminロールが必要です。Protect権限の付与

      これらのロールは、どのユーザロールがProtectデータにアクセスできるかを設定することもできます。

  • サーバに適用できるProtectライセンスがあることを確認してください。

  • ユーザに対してProtectを有効にするには、組織管理者(Admin)ロールが必要です。

手順
  1. Contrast WebインターフェイスでProtectの設定を行うために、Contrast Webインターフェイスにログインします。

  2. ユーザがProtectデータを表示・使用できるようにするには:

    1. ユーザメニューで、組織の設定を選択します。

    2. ユーザを選択します。

    3. Protectデータへのアクセスを必要とするユーザごとに、Protectのトグルボタン( Image shows Protect setting turned on )をオンにします。

    4. 新しい設定を有効にするために、ユーザはContrast Webインターフェイスからログアウトし、再度ログインするよう指示してください。

  3. サーバでProtectを有効にするには:

    注記

    自動的に全ての新しいサーバにProtectライセンスを適用するには、組織管理者(Admin)またはルール管理者(Rules Admin)ロールが必要です。このオプションは、サーバのProtectを1台づつ手動で有効にしたくない場合に便利です。

    1. Contrast Webインターフェイスのナビゲーションバーで、サーバを選択します。

    2. サーバを選択します。

    3. Contrast WebインターフェイスでProtectを有効にするには、Protectのトグルボタン( Image shows Protect setting turned on )をオンにします。以下のいずれかの方法で行います。

      • サーバの一覧にあるProtect列でトグルボタンをオンにします。

      • サーバ名を選択し、概要タブでProtectのトグルボタンをオンにします。

      • 組織の設定サーバを選択し、Protectのトグルボタンをオンにします。

  4. 特定のサーバでProtectがオンになっていることを確認するには、「サーバ」タブでそのサーバを選択し、概要を選択します。

    サーバがホストしている1つ以上のアプリケーションでProtectを使用するよう設定されていない場合は、Protectのトグルの横に警告アイコンが表示されます。

    This image shows the setting for Protect turned on with a warning icon
  5. 特定のアプリケーションに関して、アプリケーションをホストしている各サーバでProtectが有効であるかを確認するには、「アプリケーション」ページにアクセスします。

    1. Contrast Webインターフェイスのナビゲーションバーでアプリケーションを選択します。

    2. アプリケーションの一覧で、アプリケーション名をクリックします。

    3. 概要タブの各環境で、Protectのステータスがオンになっていることを確認します。

      アプリケーションをホストしているサーバのうち、Protectがオンになっている数が、Protectのステータスの横にyサーバ中のxサーバという形式で表示されます(例、17サーバ中の11サーバ)

    4. アプリケーションをホストしている各サーバで、そのアプリケーションがProtectを使用するように設定されているかを確認するには、Protectのステータス( ProtectServerStatus.png )を選択します。

      アプリケーションが特定のサーバでProtectを使用するように設定されていない場合は、サーバ名の横に警告アイコンが表示されます。

      Image shows that an application is not configured for Protect on a specific server
  6. (推奨)Protectを使用するようにアプリケーションを設定:

    1. アプリケーションの設定ファイルでProtectの設定を更新します。

    2. Protectを有効にするために、アプリケーションを再起動します。

      アプリケーションを再起動すると、Contrastは攻撃の監視、攻撃のブロック、および攻撃データのContrast Webインターフェイスへの表示を開始します。

    注記

    アプリケーションの設定ファイルの編集は任意ですが、推奨されます。