サーバの設定の構成

サーバの設定画面にて、各環境(開発、テスト、本番)でサーバがどのように機能するかを設定できます。

サーバの設定は、サーバの一覧から選択するか、サーバ名をクリックして表示されるサーバの詳細ページから選択できます。

サーバの設定を変更するには:

  1. Contrast UIのナビゲーションバーで、サーバを選択します。

  2. 設定を変更するサーバを検索します。サーバ列の上部にあるフィルターアイコンを選択するか、虫眼鏡のアイコンを使用して検索します。

  3. 各サーバの行にある設定アイコンを選択します。または、サーバ名をクリックしてドリルダウンして、画面右上の設定アイコンを選択します。

  4. 表示された画面で、以下の設定を行うことができます。

    • サーバ名を変更する。

    • サーバを実行する環境を指定する。

    • サーバログファイルのフィールドに優先するパスを入力して、既存のサーバログファイルのパスを上書きする。

    • サーバのログレベルを設定する。

    • ボットのブロックを設定する。

      ボットをブロックすることで、スクレーパー、攻撃ツール、その他の自動化からの不要なトラフィックをブロックできます。

      ブロックされたポッドのアクティビティを表示するには、攻撃 >攻撃イベントでフィルターを使用します。

      サポート対象の言語: Java、.NET Framework、.NET Core、Ruby、Python

      注記

      ボットのブロックは、各言語(Java、.NET Framework、.NET Core、Ruby、Python)のエージェントのYAML設定ファイルで指定できます。

    • パフォーマンス向上のためサンプリングを有効にする。

      この設定を有効にするには、パフォーマンス向上のためサンプリングを有効にするのチェックボックスをオンにします。サンプリングによって、リクエストが選別され、Contrastで繰り返しの解析を避けるようになります。サンプリングには、以下を設定します:

      • 基準:サンプリングが完了するまでに、ContrastでURLを解析する回数。デフォルトの設定は、5です。

      • 頻度:基準のサンプル回数を取得後、毎回N番目のリクエストのみを解析します。頻度には、Nの値を指定します。デフォルトの設定は、10です。

      • サンプル保持画面:基準に戻る前にContrastでサンプルを保持する秒数。指定した秒数が経過すると、サンプリングはリセットされ基準サンプルが再度行われます。デフォルトの設定は、180です。

      例:

      contrast.assess.sampling.request_frequency	25
      contrast.assess.sampling.window_ms	360_000
      contrast.assess.sampling.baseline	1
      
    • SyslogへのProtectイベントの出力を有効にする。Contrastで提供されるSyslogメッセージの重要度は、syslog RFC 3164の仕様に従って分類されます。