ログレベル

ログレベルの設定により、サーバのログ出力で処理されるイベントを制御でき、イベントをより効果的に取得できます。ログレベルはシステムレベルで設定できるほか、Editor権限を持つユーザが特定のサーバに対して設定できます。

ログレベルは、Log4jに準拠し、可能な限りLog4jのレベル指定に沿っています。

デフォルト値はINFOです。問題が発生してより詳細なデータ収集が必要にならない限り、ほとんどの場合はERRORレベルで十分です。

ログレベル

説明

ERROR

対処する必要のある、不安定な状態を招く恐れのある深刻なエラーに関する情報を提供します。

WARN

予期しないイベントについて、ユーザに警告します。このレベルで発生するメッセージでは、システムの進行が停止しない場合があります。

INFO

進捗と設定された状態についての情報を提供します。このレベルはエンドユーザにとって便利です。

DEBUG

開発者がアプリケーションをデバッグするのに役立ちます。記録されるメッセージのレベルは、アプリケーション開発者にサポートを提供することに重点が置かれています。

TRACE

DEBUGレベルよりも詳細な情報を提供します。