Javaエージェントのインストール

Javaエージェントのインストール方法はいくつかありますので、ご利用の環境に合わせて選択してください。 Contrastを使用する場所(例えば、開発環境でAssess、本番環境ではProtectなど)、既存のビルドツール、アプリケーションのデプロイ方法などを考慮する必要があります。

クイックスタート

Javaエージェントがどのように動作するか試してみたい場合は、こちらのJavaクイックスタートガイドをご覧ください。

基本のインストール

Javaエージェントのインストールは、ほとんどの場合(Tomcatのなどのアプリケーションサーバ、Dockerなどのコンテナを使用する場合)、Javaエージェントを取得するリポジトリを選択し、各リポジトリの手順に従ってエージェントをダウンロードしてインストールしてください。

ビルドに組み込むインストール

開発環境でAssessを使用しており、脆弱性が検出されたら、既存のソフトウェアプロジェクトでビルドを失敗させたい場合は、以下を参照してエージェントをインストールしてください。