組織レベルでの通知の管理

通知により、ユーザは脆弱性の検出やアプリケーションへの攻撃など、特定の状況に関するアラートを受信することができます。組織管理者は、組織内の全てのユーザに対してContrastの通知のデフォルトを設定できます。個々のユーザは、各種の通知を受け取る方法を選択できます。

通知には主要なチャネルが2つあります。

  • Contrast内:直接Contrast Webインターフェイス内に通知されます。通知を確認するには、トップメニューバーにある通知アイコンを選択します。

  • Eメール: 適切なSMTPシステムと通信して通知をEメールで受信するよう、システム管理者がContrastを設定します。

注記

Contrastでは、ユーザ通知が必要な一部の機能についてContrast管理者がその機能を有効にすると、影響を受けるユーザに自動的に通知が送信されます(この通知は通知ページでは制御できません)。Contrastでは、脆弱性ステータスの承認やその他のポリシーの管理の設定などの機能について、ユーザと管理者に通知する必要があります。