Skip to main content

.NET Frameworkおよび.NET Coreのテレメトリ

.NET Frameworkエージェントおよび.NET Coreエージェントは、テレメトリを使用して、使用状況に関するデータを収集します。テレメトリは、エージェントを組み込んだアプリケーションでエージェントのセンサーが最初にロードされた時に収集され、その後も定期的(数時間ごと)に収集されます。

弊社では、お客様のプライバシーは非常に大切であると考えています。このテレメトリ機能は、アプリケーションのデータを収集するものではありません。データは匿名化されてから、安全にContrastに送信されます。そして、集約されたデータは暗号化されて保存され、アクセスが制限されます。収集されたデータは、全て1年後に削除されます。

テレメトリ機能で収集されるのは、以下のデータです。

エージェントのバージョン

データ

.NET Framework 2020.8.3以降

.NET Core 1.5.15以降

エージェントのバージョン

オペレーティングシステムとバージョン

エージェントがコンテナ内で実行されているかどうか

エージェントがAzure App Servicesで実行されているかどうか

ハッシュ化されたメディアアクセス制御(MAC)アドレス:暗号化(SHA256)された、匿名の一意なマシンID

カーネルのバージョン

プロセスメモリのページサイズ

プロセスメモリのワーキングセットサイズ

プロセスの実行時間

Assessが有効であるかどうか

Protectが有効であるかどうか

.NET Framework 2020.8.3以降

.NET Frameworkランタイムのバージョン

.NET Core 1.5.15以降

.NET Coreランタイムのバージョン

.NET Framework 20.9.1以降

.NET Core 1.5.17以降

ContrastインスタンスがSaaS版かオンプレミス版であるか

.NET Framework 20.9.3以降

.NET Core 1.5.19以降

CLR Instrumentation Engine (CIE)の使用状況

アプリケーションのフレームワーク

連携しているプロファイリングツール

.NET Framework 20.10.1以降

.NET Core 1.5.20以降

プロセスのホスティングモード

CIEネイティブプロファイラフックの使用状況

.NET Framework 20.10.2以降

.NET Core 1.5.21以降

デフォルト以外の値が指定されている設定名

無効にされているAssessルール名

.NET Framework 20.12.2以降

.NET Core 1.7.2以降

エージェントのプロファイラコンポーネントが初期化されるまでに経過した時間

エージェントからContrast Webインターフェイスへの最初のリクエストまでに経過した時間

エージェントのプロファイラコンポーネントが初期化されるまでに経過した時間

エージェントの初期化から最初のリクエストが終了するまでに経過した時間

.NET Framework 21.1.1以降

IISでホストされているアプリケーションに関する測定値:

  • 合計アプリケーション数

  • 解析対象となるアプリケーション数(アプリケーションの許可/拒否リストで設定)

  • CLR4のアプリケーションプールでホストされているアプリケーション数

  • CLR2のアプリケーションプールでホストされているアプリケーション数

IISのアプリケーションプールに関する測定値:

  • 合計数

  • エージェントが接続されている数

  • CLR4の数

  • CLR2の数

単独のアプリケーションプールでのアプリケーションの最小数

単独のアプリケーションプールでのアプリケーションの最大数

全てのアプリケーションプールにあるアプリケーション数の中央値

.NET Framework 21.1.2以降

.NET Core 1.7.5以降

Protectの各ルールのモード(例、監視やブロック)

.NET Framework 21.4.2以降

.NET Core 1.8.4以降

エージェントのセンサーコード内でスローされキャッチされた例外。ログメッセージ、例外タイプ、例外のメッセージ、SystemメソッドおよびContrastメソッドのスタックトレースフレームなど。

.NET Framework21.7.1以降

.NET Core1.9.7以降

  • プロセスアーキテクチャ(x86/x64)

OSアーキテクチャ(x86/x64)

Azure App Serviceにおける以下の環境変数の値:

  • WEBSITE_PHYSICAL_MEMORY_MB

  • WEBSITE_PLATFORM_VERSION

  • WEBSITE_SKU

.NET Framework21.9.2以降

.NET Core2.0.1以降

YAML設定ファイルを読み込んだ場所(環境変数で指定したパス、デフォルトの場所、アプリケーションディレクトリなど)に関する説明

テレメトリ機能を停止するには、CONTRAST_AGENT_TELEMETRY_OPTOUTという環境変数に1またはtrueを設定してください。

テレメトリのデータは、telemetry.dotnet.contrastsecurity.comに安全に送信されます。ネットワークレベルで通信をブロックすることで、テレメトリ機能を停止することもできます。