(旧).NET Frameworkエージェントのインストール

重要

最新のテクノロジで実行しているアプリケーションの場合は、旧エージェントではなく.NET Frameworkエージェントを使用してください。

2020年4月現在、旧.NET Frameworkエージェントでは、Contrast Assess、Protect、OSSの全機能を提供していますが、新機能や重要度の低い不具合の修正は終了しています。この旧エージェントの重要な不具合の修正は、2023年1月10日まで継続します。

エージェントをインストールするには、Editロールの権限が必要です。

旧.NET Frameworkエージェントは、以下のようなレガシーテクノロジで動作するASP.NET Webアプリケーションの解析に使用できます。

  • Windows Server 2008

  • .NET Frameworkバージョン4.7.1以降にアップグレードできないWindowsマシン

  • CLR2ランタイムをターゲットとし、CLR4にアップグレードできないアプリケーション

詳細については、旧.NET Frameworkエージェントのサポート対象テクノロジシステム要件を参照してください。

旧.NET Frameworkエージェントをインストールするには:

  1. 旧.NET Frameworkエージェント(例、ContrastSetup_20.4.X.zip)をダウンロードします。20.4.Xは、利用可能な旧エージェントの最新版です。

  2. エージェントキーを検索し、contrast_security.yamlという名前のYAML設定ファイルを作成します。 以下のサンプルをコピーして貼り付け、自分のエージェントキーの値で各<Values>を置き換えます。

    api: 
      url: <YourContrastURL>
      api_key: <YourAPIkey>
      service_key: <YourServiceKey>
      user_name: <YourUserName>
    agent:
      dotnet:
        enable_chaining: <True/False>
    
  3. contrast_security.yaml設定ファイルとエージェントのZIPファイルをWebサーバにコピーします。

  4. ダウンロードしたZIPアーカイブ(例、ContrastSetup_20.4.X.zip)をWebサーバ上で解凍します。

  5. contrast_security.yamlファイルを、ContrastSetup.exeと同じディレクトリに移動します。

  6. ContrastSetup.exeを実行します。これにより、.NETエージェントがインストールされます。

    インストールが完了すると、IISにデプロイされているASP.NETアプリケーションに.NETエージェントが自動的に組み込まれます。エージェントによる解析は、ユーザによって(または自動化されたスクリプトやテストによって)アプリケーションが操作される時に実行されます。