Skip to main content

Azure Service Fabricで.NET Frameworkまたは.NET Coreエージェントを使用する

コンテナイメージを使用する場合は、コンテナにインストールする手順に従ってください。そうでない場合は、Azure Service FabricサービスにContrast .NET Frameworkまたは.NET Coreエージェントを追加します。

ヒント

スタンドアロンの実行サービスの場合、ServiceManifest.xmlファイルは最上位のAzure Service Fabricプロジェクト(例、 .sfproj ファイル)にあります。

  1. 適切なNuGetパッケージをサービスのメインプロジェクトにインストールします。

    • .NET Frameworkの場合: Contrast.NET.Azure.AppServiceをインストールします。contrastsecurityフォルダにあるすべてのファイルは、出力ディレクトリにコピープロパティが新しい場合はコピーするに設定されている必要があります。

    • .NET Coreの場合: Contrast.SensorsNetCoreをインストールします。 contrastフォルダにあるすべてのファイルは、出力ディレクトリにコピープロパティが新しい場合はコピーするに設定されている必要があります。

  2. ServiceManifest.xmlServiceManifest/CodePackage/EntryPoint/ExeHost/WorkingDirectoryCodePackageに設定します。

    <CodePackage Name="Code" Version="1.0.0">
              <EntryPoint>
              <ExeHost>
                <Program>DemoNetFxStatelessService.exe</Program>
                <WorkingFolder>CodePackage</WorkingFolder>
  3. ServiceManifest.xmlで環境変数を定義して、プロファイラを指定します。

    • .NET Frameworkの場合:

      <CodePackage>
                <EnvironmentVariables>
                  <EnvironmentVariable Name="COR_ENABLE_PROFILING" Value="1"/>
                  <EnvironmentVariable Name="COR_PROFILER" Value="{EFEB8EE0-6D39-4347-A5FE-4D0C88BC5BC1}"/>
                  <EnvironmentVariable Name="COR_PROFILER_PATH_32" Value=".\contrastsecurity\ContrastProfiler-32.dll" />
                  <EnvironmentVariable Name="COR_PROFILER_PATH_64" Value=".\contrastsecurity\ContrastProfiler-64.dll" />
                  <EnvironmentVariable Name="CONTRAST_CONFIG_PATH" Value="contrast_security.yaml"/>
    • .NET Coreの場合:

      <CodePackage>
                <EnvironmentVariables>
                  <EnvironmentVariable Name="CORECLR_ENABLE_PROFILING" Value="1"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CORECLR_PROFILER" Value="{8B2CE134-0948-48CA-A4B2-80DDAD9F5791}"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CORECLR_PROFILER_PATH_32" Value="contrast\runtimes\win-x86\native\ContrastProfiler.dll"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CORECLR_PROFILER_PATH_64" Value="contrast\runtimes\win-x64\native\ContrastProfiler.dll"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CONTRAST_CONFIG_PATH" Value="contrast_security.yaml"/>
  4. 次のいずれかで、エージェントを設定します。

    • YAML設定ファイル:このファイルをサービスのメインプロジェクトに追加します。ファイルの出力ディレクトリにコピープロパティが、新しい場合はコピーするに設定されていることを確認してください。 以下のように、ファイルの場所を指定する環境変数をServiceManifest.xmlに追加します。

      <CodePackage>
                    <EnvironmentVariables>
                      <EnvironmentVariable Name="CONTRAST_CONFIG_PATH" Value="contrast_security.yaml"/>
    • 環境変数: 以下のように、環境変数をServiceManifest.xmlに追加します。

      <CodePackage>
                <EnvironmentVariables>
                  <EnvironmentVariable Name="CONTRAST__API__URL" Value="https://teamserver-staging.contsec.com"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CONTRAST__API__API_KEY" Value="aBcD0123"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CONTRAST__API__SERVICE_KEY" Value="ABCD0123"/>
                  <EnvironmentVariable Name="CONTRAST__API__USER_NAME" Value="agent_123@Team"/>
  5. 通常どおり、Azure Service Fabricアプリケーションをデプロイします。