2段階認証の設定

組織またはシステムレベルで管理者が2段階認証を有効にしている場合、ユーザ名とパスワード以外に安全にログインする仕組みを指定できます。2段階認証を設定するには:

  1. ユーザメニューで、ユーザの設定 > 2段階認証を選択します。

  2. トグルを使用して、2段階認証を有効にします。

  3. ラジオボタンを使用して、認証コードを受け取る方法を選択します。

    • Eメール:Contrastと関連付けているメールアドレスで、認証用のコードを受け取ることができます。この設定を選択すると、認証コードが記載されたEメールが送信されますので、設定画面で認証コードを入力します。

    • Google Authenticator:モバイルデバイスにアプリのダウンロードが必要な場合がありますが、モバイルデバイスのアプリで、認証コードを受け取ることができます。この設定を選択するとQRコードが表示されますので、QRコードを読み取り、手順に従ってデバイスを検証します。

  4. 2段階認証の設定を完了する前に、.txtファイル形式でバックアップコードをダウンロードしておくことができます。このコードにより、ログインエラーが発生した場合や、アカウントがロックアウトされた場合でもログインが許可されます。バックアップコードをダウンロードしたら、安全な場所に保存してください。

  5. 認証コードの受け取り方法を変更する場合は、2段階認証タブの通知設定で再度設定できます。通知設定の選択を変更すると、新しいバックアップコードが自動的に発行されます。通知設定の変更は、保存する必要はありません。

ヒント

いずれの方法でも問題が発生した場合は、提供されたバックアップコードを使用することができます。サインインできませんかを選択するか、Google Authenticatorのデバイスをリセットのリンクを使用してください