バグ管理システムやEメールによるライブラリの追跡

脆弱なライブラリを追跡するには、ライブラリ情報をメールで送信したり、連携しているバグ管理システムで開発担当者宛にチケットを作成します。

選択した各ライブラリに対して次のデータを、メールアドレスやバグ管理システムにContrastから送信できます。

  • ライブラリ名

  • 使用中のバージョン

  • 脆弱性(CVE)の情報

  • 影響のあるアプリケーションとサーバ

  • バージョンの遅れ(現在のバージョンと最新バージョンとの比較)

  • 使用状況(現在、Javaおよび.NETでのみサポート)

  • スコア

ライブラリの情報を送信するには:

  1. Contrast UIのナビゲーションバーでライブラリを選択してライブラリ一覧を表示し、情報を送信するライブラリの行にカーソルを合わせます。

  2. 行の右端にある送信アイコンにカーソルを合わせて、メールで送信またはバグ管理システムへ送信のいずれかを選択します。このオプションは、ライブラリの詳細ページの右上からもアクセスできます。

    Image shows Send library icon in top navigation with option to send to bugtracker or send by email.
  3. 表示される画面で、使用するバグ管理システムを選択します。課題タイプ担当者報告者および優先度を選択したら、送信をクリックしてチケットを作成します。メールで送信する場合は、Eメールアドレスを入力し、送信をクリックします。

  4. 複数のライブラリの情報を送信する場合は、ライブラリ一覧の左側の列にあるチェックマークを使用して、ライブラリを選択します。ページの下部に表示される一括アクションメニューで、送信アイコンを選択します。選択した全てのライブラリには、共通のアプリケーションが少なくとも1つ必要です。