Node.jsエージェントのシステム要件

重要

Node.jsエージェントは、M1/M2チップを搭載したMacでの実行を制限付きでサポートするようになりました。制限としては、Apple M1/M2(ARM64)でAlpineベースのDockerコンテナの実行は、まだNode.jsエージェントのサポート対象ではありません。SlimベースのDockerイメージの実行はサポート対象です。

このページは、注記で特に記載されていない限り、npmjs.com(npm公式Webサイト)で入手可能な最新バージョンのシステム要件や機能を反映しています。

Node.jsエージェントをインストールする前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • 検査対象となるデプロイ済みアプリケーションにはpackage.jsonファイルがあり、そのWebアプリケーションのテクノロジはContrastのサポート対象であること。

  • エージェントがContrastサーバとネットワークで接続されていること。

Node.jsエージェントを使用すると、受信情報の処理や解析が増加するため、アプリケーションで使用可能なCPUとメモリを増やす必要があります。Node.jsエージェントを使用すると、アプリケーション単体で使用するよりも多くのリソースが必要となります。CPUの負荷も増加しますが、これはアプリケーションのアーキテクチャや既存のCPU使用状況に大きく影響されます。

Assessを使用する場合、Contrast Node.jsエージェントを使用しない場合と比較して、各コンテナで使用可能なメモリを2倍にする必要があります。

オペレーティングシステム

  • CentOS/RHEL 7.9、8以降

  • Ubuntu 14.04 LTS、16.04 LTS、18.04 LTS、20.04 LTS、22.04 LTS

  • Debian 9、10、11

  • Windows

  • macOS

プロセスマネージャ

  • PM2:4.5.0以降、5.1.0以降

    • Contrast Node.jsエージェントは、フォーク(fork)モードおよびクラスター(cluster)モードの両方の実行をサポートしています。

    • Contrast Node.jsエージェントを実行する際に使用する起動コマンドに、インストール済の@contrast/agentモジュールへの完全なパスを指定する必要があります。例:

      node -r /Users/michael/Dev/my-app/node_modules/@contrast/agent app.js

コンテナ

  • Distrolessコンテナ

    • Contrast Node.jsエージェントが正しく機能するためには、npm/bin/shへアクセスする必要があります。これらのプログラム/パッケージを含まないDistrolessコンテナイメージで実行するアプリケーションにインストールすると、エージェントの機能が低下し、検出結果やライブラリが報告されない場合があります。

CPU

  • AMD 64、x86_64、およびその互換

  • Apple M1/M2 ARM64 (限定サポート)