Skip to main content

Node.jsエージェントのリリース情報

リリース日:2024年2月16日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • depsのparent-package-jsonを置き換えました。

修正された不具合:

  • 一部の設定フィールドに関して、ログ出力時に情報がマスクされていなかった問題を修正しました。(NODE-3339)

リリース日:2024年2月13日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • NODE_OPTIONSの--loaderに対して、ロガー(logger)のcleanEnvを更新しました。

修正された不具合:

  • 全てのUIエンドポイントへのHTTP通信で、プロキシ設定を考慮するよう修正しました。(NODE-3338)

リリース日:2024年2月8日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

修正された不具合:

  • res.sendが呼び出された時に反射型クロスサイトスクリプティング(Reflected XSS)が報告されない問題を修正しました。 (NODE-3334)

リリース日:2024年2月6日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • runner-tapのユーザビリティを修正しました。

リリース日:2024年2月2日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

修正された不具合:

  • サーバ名やアプリケーション名を英語以外の言語で設定するとエラーが発生する問題を修正しました。 (NODE-3333)

リリース日:2024年2月2日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • 重複するESM初期化の負荷を最小限に抑えました。

  • Axiosクライアントを更新しました。

修正された不具合:

  • Juice Shop 16が新エージェントで動作しない問題を修正しました。(NODE-3323)

リリース日:2024年1月29日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

修正された不具合:

  • 新しいエージェント(v5)のESMローダー機能の不具合を修正しました。(NODE-3320)

リリース日:2024年1月23日

現在サポートしている言語バージョン:16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • Contrastサービス(SpeedRacer)の削除

  • エージェントを設定するためのコマンドラインオプションの削除。Python、Ruby、Goエージェントに合わせて、YAMLと環境変数のみをサポート 。

  • Contrast AssessとContrast Protectの同時実行をサポート

  • 再起動なしでProtectルールのモードを切り替えできる機能

  • なお、モード(Assess、Protect、両方)の切り替えを有効にするには、アプリケーション/エージェントの再起動が必要

  • Contrast Protect実行時のライブラリの使用状況(ECU/ELU)に関する報告(本番環境でのライブラリの報告)

  • Contrastサーバへの有効な設定の報告

  • devDependenciesをnpmに公開しない - CVE検出の過検知の減少

  • pinoを使用した構造化ログ

  • アプリケーションを再起動せずにContrast Webアプリケーションからエージェントのログレベルを変更する機能

  • 各リクエストに対するDEBUGレベルでのログ要求待ち時間(ns)

  • 重複排除のために正規化されたURIを使用したルート観測/カバレッジ

  • SWCを使用した起動時のリライタの高速化

  • SuperTest APIテストフレームワーク(npm: supertest)のサポート

  • Frisby APIテストフレームワーク(npm: frisby)のサポート

  • String.prototype.matchAll()のプロパゲータのサポート

  • ルートを疎通しなくても観測されたルートをアプリケーションの起動時にContrast Webインターフェイスに報告

  • ESMアプリケーションに対応、以下を使用するエージェントのロード/実行をサポート:

    • node --loader @contrast/agent app.mjs (Node.js 16LTSの場合)

    • node --import @contrast/agent app.mjs (Node.js 18.9.0、20.9.0以降のLTS)

    • node --require @contrast/agent app.js (ESMを使用しない全てのバージョン)

  • 新しい--importディレクティブは、Node.js 18.9.0、20.9.0以降(LTS)で実行されている全てのアプリケーション(ESMとCJSの両方)でサポート

    • node --import @contrast/agent app.js

  • 詳細についてはnpmを参照

リリース日:2024年1月30日

現在サポートしている言語バージョン:12、14、16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • Axiosを更新しました。

  • ビルド関連を微調整しました。

リリース日:2024年1月5日

現在サポートしている言語バージョン:12、14、16、18、20 LTS

新機能と改善点:

  • npmエラー時のログ記録を改善しました。

  • ファイル内のコピーライトテキストを新しい年に合わせて更新しました。

修正された不具合:

  • Expressのroute-coverageユーティリティで、stackプロパティが不足している場合に例外がスローされていた問題を修正しました。(NODE-3301)

関連項目

Node.jsエージェントのリリース情報のアーカイブ