Javaエージェントのサポート対象テクノロジ

Contrastは、以下の一覧にないテクノロジとも互換性がありますが、互換性を検証済みのテクノロジは次の通りです。

テクノロジ

サポート対象バージョン

備考

Javaランタイム

  • IBM 6、7、8

  • Oracle 6、7、8、11 (LTS)、12、13、14、15

  • OpenJDK 6、7、8、11 (LTS)、12、13、14、15、16

OpenJDKのサポートは、ここに示す現在のサポート対象バージョンの範囲内で、全ての公開中のビルドで動作するように設計されています。一般的によく利用されるAzulやAmazon Correttoなどもサポート対象のJDKのカテゴリに入ります。

アプリケーションサーバ

  • GlassFish 4

  • Grizzly 2.3.20以降

  • JBoss EAP 6.xおよび7.x

  • Jetty 7、8、9

  • Karaf 3.0.x

  • Netty 4.x

  • Play 2.4

  • Tomcat 5、6、7、8、9

  • Vert.x 3.0

  • WebLogic 10、11g、12c

  • WebSphere* 8.5、9.0

  • WildFly 10、10.1.x

* zSeriesおよびAIXの環境ではサポートが限定されます。SPARC SolarisでWebSphereを使用する場合、バージョン8.5.5.11が必須となります。

オプティマイザ

Proguard

ProguardにあるJavaバイトコードの最適化機能は、Contrastのようなランタイムエージェントが基本前提とする動きに反します。Proguardユーザが、Contrastを利用してアプリケーションを保護する場合は、Proguardの-dontoptimize設定オプションを使用して最適化を行わないようにする必要があります。

データベース

  • DB2

  • DynamoDB

  • MySQL

  • Oracle

  • PostgreSQL

  • SQL Server

  • SQLite JDBCドライバ

その他のJavaテクノロジ

  • Apache POI、fileupload、HttpComponents

  • Axis (RPC)、XMLRPC、RMI、Apache CXF、JMS (javax.jms)

  • Direct Web Remoting (DWR)

  • DropWizard

  • Freemarker

  • Glowroot*

  • GSON、Kryo、minidev、org.json

  • Google Web Toolkit (GWT)

  • Hibernate

  • J2SE

  • JDBC、JDBI、MongoDB

  • JSF (MyFaces、RichFaces、Sun)

  • java.nio、java.beans

  • Java EE/J2EE、Servlet/JSP

  • Jersey

  • MyBatis

  • OWASP ESAPI、AntiSamy、Coverity

  • Seam

  • Spring、Spring Boot、Spring AOP

  • Struts、Struts 2

  • Wicket

  • XStream、Jackson (JSON/XML)

  • Xerces、JAXB、nu.xom

* Glowrootを使用する場合、glowroot.jarよりも前に、Contrastエージェントのjarを指定して、ロードする必要があります。