ライブラリの検出と削除

ライブラリは、ライブラリを使用するアプリケーションと、これらのアプリケーションがデプロイされているサーバに関連付けられています。

エージェントから送信されるライブラリ情報に、これまでに報告されたライブラリが含まれなくなると、そのライブラリにはそのサーバと関連付けがなくなります。

ライブラリを報告している全てのサーバからそのライブラリの情報が送信されなくなるか、そのライブラリを報告しているサーバが削除されると、アプリケーションからライブラリは削除されます。(サーバの削除は、サーバの 設定に従います)。

ライブラリは、アプリケーションから手動で削除することもできます。ライブラリを削除するには:

  1. Contrast UIのナビゲーションバーで、ライブラリを選択します。

  2. 削除するライブラリの行にカーソルを合わせて、右側の列にある削除アイコンを使用します。このアイコンは、ライブラリの詳細ページの右上にもあります。

    複数のライブラリを一括で削除するには、左側の列でチェックマークを使用し、削除するライブラリを選択してから、ページの下部に表示される一括アクションバーから削除アイコンを選択します。

    DeleteLibrary.png
  3. 表示される画面で、削除を選択して処理を確定します。処理を確定すると、ライブラリが削除されて一覧に表示されなくなります。エージェントが、以前に削除されたライブラリを報告した場合、そのライブラリはアプリケーションに含まれるため、ライブラリの一覧に再度追加されます。