アプリケーションの削除

アプリケーションを削除すると、そのアプリケーションのライセンスがライセンスプールに戻され、ライセンスが他のアプリケーションで使用できるようになります。また、脆弱性やライブラリなど、アプリケーションに関連して不要になる情報も削除されます。

アプリケーションを完全に削除するには、アプリケーションをアーカイブする必要があります。関連するデータは削除の処理で一括削除されるため、アプリケーションをリセットする必要はありません。ただし、データを確認してアプリケーションをリセットしてから削除することをお勧めします。

注記

アプリケーションを削除するには、管理者権限が必要です。

アプリケーションを削除するには:

  1. Contrast UIでアプリケーションのページにアクセスし、アプリケーションの一覧で削除したいアプリケーション名をクリックします。

  2. アプリケーションの概要タブで、アプリケーションに報告中のサーバがないことを確認します。報告中のサーバがある場合は、AssessまたはProtectの緑色のオン ボタンをクリックして、各環境のサーバを手動で無効にします。表示される画面でトグルボタンを使用して、サーバをオフにし、保存ボタンをクリックします。必要に応じて、各環境でAssessとProtectが有効になっているサーバに対してこの操作を繰り返します。

    アプリケーションの代わりに報告中の全てのエージェントを無効にしないと、アプリケーションの削除後も、残ったエージェントが引き続き結果を報告する可能性があります。その結果、アプリケーションが再作成され、引き続きライセンスが使用される場合があります。

  3. アプリケーションをリセットします。

  4. アプリケーションをアーカイブします。

  5. ページ上部のアプリケーションの見出しの横にある小さい三角形をクリックし、ドロップダウンメニューからアーカイブ済を選択します。アーカイブ済のアプリケーションの一覧から、削除するアプリケーションを検索し、そのアプリケーションの行で削除(ゴミ箱)アイコンを選択します。

    注意

    アプリケーションを削除すると、全ての関連する検出結果(脆弱性やライブラリなど)が完全に削除されます。

  6. 表示される画面で、削除を選択して処理を確定します。