Community Edition (CE)

Community Editionでは、Contrastの製品(Assess、OSS、Protect)にほぼ完全にアクセスできます。インタラクティブアプリケーションセキュリティテスト(IAST)、ソフトウェアコンポジション解析(SCA)、ランタイムアプリケーション自己保護(RASP)を無料でお試し頂けます。

利用を開始するには、Community Editionのアカウントに登録して、Contrastエージェントをインストールします。詳細については、Community Editionに関するブログを参照ください。

注記

Community Editionで検査できるアプリケーションは1つで、Javaアプリケーションまたは.NET Coreアプリケーションのいずれかになります。

Community Editionの機能

Community Editionで提供する機能:

  • Contrast Assess:実際に問題となるカスタムコードに起因する脆弱性を検出し、開発者は脆弱性の修正に焦点を当てることができます。

  • Contrast OSS:オープンソースおよびサードパーティのライブラリがもたらす脆弱性を高度に可視化し、セキュリティリスクの管理が可能になります。

    Contrast OSSは、オープンソースセキュリティまたはソフトウェアコンポジション解析(SCA)のソリューションです。

  • Contrast Protect:自作のコードやオープンソースのライブラリに脆弱性が残っている場合でも、アプリケーション内に組み込んだエージェントのセンサーが、アプリケーションへの攻撃を監視し、自動的にブロックします。

Community Editionポータルサイト

Contrastを使用する際のCommunity Editionポータルサイトは、以下のような画面になります。

cePortal.png

次の手順